撮影した後のこと。

こんにちわ。STUDIOPHOTOTOの大石です。


今日は撮影した画像データについて。


皆様は写真データをそのままにしていませんか?


DVDに焼いてもらって満足。


データをスマホに送ってもらって満足。


SNSに載せて満足。


これらはあくまでデータであり


ある日突然無くなります。


お客様に


「写真の管理は何が一番良いですか?」


と聞かれたら僕は迷わず


「プリントしてください。」


と答えます。


紙は燃やしたりしない限り残ります。


20年前の画像データをMOディスクで渡されても


今の皆様はすぐに見れないと思います。


フロッピーディスクも同様です。


技術は進歩していて少し経つともう


記録媒体は変化し、読み込めなくなります。


坂本龍馬の写真は約150年前に撮影されたものですが


写真なので見れます。


20年前のデータは読み込めないのに


150年前の写真は見れる。


150年先の子孫に今の自分を見せるには


写真に焼いた方がいいのかなと思います。


自粛でお家で退屈な時間をお過ごしであれば


今まで撮影した写真をプリントしてみてください。


家族で話す時間が楽しくなるはずです。

閲覧数:92回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちわ。STUDIOPHOTOTOの大石です。 緊急事態宣言も全国的に解除になり少しづつ日常が戻りつつありますね。 家族写真を撮影する者として、この見えないウイルスはほんとうにやっかいです。 僕らも段階的に撮影を開始していきますので気を引き締めて活動再開します! ではでは本日のテーマについて。 STUDIOPHOTOTOでは等身大フォトアルバムの普及に力を入れています。 30cm×90cmのア

皆様こんにちわ。STUDIOPHOTOTOの大石です。 この数か月で世の中が ひっくり返ってしまいました。 自分が写真の世界に飛び込んでから こんなに休む日が来るとは・・。 写真館から独立した時よりも休んでいます。汗 新型ウイルスということなので お客様へ万が一のことを考えると 収束するまでは活動は自粛した方がいいと考え、 今は今後の活動再開に備え準備をしています。 写真は大切。 今のタイミングを